【外国人向け】転職理由の書き方!例文も紹介

公開日:2023/08/09

海外では転職が当たり前になっているところも多くあります。しかし、日本では終身雇用の考え方が強く根付いていることもあり、海外の人が日本で転職活動を行う場合は戸惑うことが多いでしょう。そこで本記事では、日本での転職活動を成功させるポイントを外国人向けに解説します。

転職理由を聞かれる理由とは

日本で転職活動を行う際、必ずと言っていいほど面接や履歴書で転職理由を尋ねられます。とくに転職理由を問わない国も多いため、外国人の方は驚くことも多いでしょう。

なぜ、日本では転職理由を聞かれるのかについてですが、日本には終身雇用の考えが根強く残っているためというのが理由の一つです。1990年代ごろまでは、一度正社員として企業に入社したら、定年までその企業で勤める「終身雇用」の考え方が一般的でした。

近年は経済の低迷や成果主義の導入により、終身雇用の概念は薄れつつありますが、それでも年配の日本人を中心に、一つの企業で長期間働くことが尊重される傾向があります。この考え方が根底にあるため、採用担当者は求職者に対し、なぜ転職を考えたのかを聞き、納得できる理由で転職しているのかなどを確認しているといえます。

さらに、企業は応募者がすぐに退職しないかを確かめたいという理由もあります。応募者が転職理由として「給料が安かったから」と述べた場合、企業はその応募者が将来的に給与面で不満を持ち、すぐに辞めてしまうかもしれないと判断するでしょう。企業は採用した人材が長期的に仕事に取り組んでくれることを望んでおり、転職理由を通じて応募者の仕事に対する姿勢や意欲を把握しようとしています。

これらの理由から、日本の転職活動では転職理由を尋ねられることが一般的です。応募者はこの点を理解し、自らの転職の意図を明確に伝えることで、採用担当者に信頼できる人材であると判断してもらえるような回答をしましょう。

外国人によくある転職理由

日本で働く外国人が転職を考える際、どのような理由があるのでしょうか。

人間関係

外国人も日本人と同じく、人間関係に悩んで転職を考えることがあります。とくに日本人はあえて本音を口に出さず、控えめ表現をする方が多い傾向にあります。そのため、自分の意見をはっきり主張するタイプの外国人は、馴染みにくいと感じるケースも少なくありません。

コミュニケーション

言葉の壁に悩んで、転職を考える外国人もいます。外国人を雇用している会社であっても、日本語でコミュニケーションを取る会社が多くあります。日常会話は問題なくこなせるスキルがあっても、ビジネスに必要な日本語レベルを求められるとむずかしい場合もあり、言葉の壁によるストレスを感じて仕事内容を変えようと考えることもあるようです。

給与や待遇の不満

日本で働く外国人は、給与や待遇に対する不満を持つ人も大勢います。仕事の成果に応じて評価されるのが一般的である海外に対し、日本では年功序列の考えが根強く残っています。その結果、仕事で成果を上げた外国人よりも、長く勤めているだけの人の方が給料や待遇が優遇されることが珍しくありません。このような環境に不満を感じた外国人は、自分の価値をより正当に評価してくれる職場を求めて転職を考えることもあります。

文化の違い

仕事後の飲み会への強制参加や残業が当たり前としている日本の会社が多く、そのような文化や考え方の違いに違和感があり、転職を考える方も多い傾向にあります。外国人は自身のプライベートな時間を大切にしたいと考えるため、飲み会や残業によってプライベートな時間が削られることに納得がいかず、ほかの環境を求める場合もあるのでしょう。

転職理由はポジティブな表現にしよう

転職を考え始めた理由が不満やストレスがきっかけであったとしても、企業に転職理由を答えるときはポジティブな理由で表現しなければなりません。

たとえば「前職ではそのやりがいを感じられなかった理由」を述べ「転職先ではやりがいを求めており、それが貴社では実現できそうだ」と理由交えて回答すれば、採用担当者にポジティブさを表現できるでしょう。

そのほか、スキルアップやキャリアアップなどを理由とするのがおすすめです。

このように、ポジティブで具体的な表現を心掛けることで、採用担当者に良い印象を与え、転職活動の成功につながりやすくなります。

転職理由の例文を紹介します。

「私は現在、会社でプログラマーとして働いています。仕事内容は充実していますが、私以外に外国人がいない環境です。日本の企業に順応しようと努力してきましたが、これまで外国人を採用した経験のない企業のため、昇格や昇給については不透明な状態が続いています。私は今後、さらに能力を高めて責任ある仕事に挑戦したいと考えています。御社は、以前から外国人プログラマーの採用に積極的であり、外国人のキャリアアップや研修にも熱心に取り組んでいると聞きました。そうした点に惹かれ、私の目標である仕事の質向上を実現できる可能性を感じ、御社を志望しています。」

待遇の不満だけでなく、自らのキャリアアップを追求し、現状を改善するために積極的に動いた結果として転職を希望するという点を強調することで、自分の目標を実現するために御社を選んだという意欲を示せます。

まとめ

キャリアアップを求めて転職するのが一般的な海外において、終身雇用や年功序列の考え方が根強い日本の企業で働くことは違和感を覚えることもあるでしょう。しかし、転職を検討し始めた理由がネガティブな内容であったとしても、前向きな理由に置き換えて表現し、採用担当者にやる気がある人材であると受け取ってもらうことが大切です。キャリアアップやスキルアップ、やりがいなどを理由として表現し、日本での転職活動を成功させましょう。

あわせて読みたい

外国籍エンジニアにおすすめの転職エージェント7選!の画像

外国籍エンジニアにおすすめの転職エージェント7選!

日本で転職を考えている外国籍エンジニアの方必見! 当サイトでは、外国籍エンジニアにおすすめの転職エージェントを厳選して紹介しています。

おすすめの外国籍エンジニア
転職エージェント比較一覧

イメージ
サービス名G TalentMichael PageRobert WaltersComputer FuturesTalismanActive ConnectorJELLYFISH
特徴人材紹介力やサポート力にすぐれた外国籍エンジニア専門の転職エージェント外資系やグローバル企業のIT求人が多い世界大手の転職エージェント外資系・日系グローバル企業に特化しており、英語がいかせる転職エージェントIT・テクノロジー系に特化した世界規模の転職エージェント!バイリンガル人材に特化したIT業界に強い転職エージェント!世界的企業にもアサイン実績がある外国人エンジニア専門の人材紹介サービス!TV番組で紹介されるほど認知度が高いグローバルな人材紹介会社!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら