ITエンジニアは転職回数が多いと不利になる?

公開日:2023/08/09

スキルアップやキャリアアップのために、ITエンジニアの方で転職を検討している人も多いでしょう。いろいろな技術を取得するために、転職しようと考えていても、何度も転職することで就職に不利になってしまわないか不安になってしまいます。そこで、今回は転職回数が多い人でも、採用されやすいポイントを紹介していきます。

転職回数が多いと不利になる

ITエンジニアに限らず、全体的にどの職種でも、場合によっては転職回数が多いことによって転職に不利になることがあります。なぜなら、企業としては優秀な人材にはできるだけ長く働いてほしいと考え、離職率をなるべくおさえたいと思っているので、転職回数が多いとすぐ離職してしまうのではないかと考えるからです。

採用したのにすぐに辞められてしまうと、新たに採用活動をしなければいけないため、時間やコストが無駄になってしまいます。そのため企業の採用担当者は、転職回数が多い求職者に関しては不安に感じることもあるために、採用に関しては慎重になりやすいですが、必ずしも転職回数の多さだけで落とされることはあまりありません。転職をした理由やそのことで自分がどれだけ成長したのかのポイントをしっかりと伝えることで、転職回数が多くてもマイナスイメージはもたれないでしょう。

むしろ転職回数の多さよりも、求職者のスキルや考え方を重視する企業も存在します。転職回数は多いよりも少ない方がいい場合もありますが、必ずしもすべての企業で不利にならないということを念頭に置いておきましょう。

転職回数が多い理由をどう説明すればよいのか

転職回数が多くても、多い理由をしっかりと説明することで転職活動を有利に進めることができます。重要なのは転職を経験したことによって、どのようなキャリアを築いてきたのかを語ることです。

とくに転職の理由と転職したことによって得てきたスキルについて説明することができれば、転職を成功へと導くことができるでしょう。後ろ向きな転職ではなく、前向きな転職をしてきたことが伝われば、どんなに転職回数が多くても不利にはなりません。何度も転職をしている人のそれぞれの動機が前向きな理由ばかりであれば、ネガティブな感じは受けないために、担当者への印象も悪くならないのです。

ただし、転職するうえですべてが前向きな理由とは限りません。転職したものの、イメージした企業と違ったためにすぐにやめてしまうこともあるでしょう。そうした後ろ向きな理由があったとしても隠すことはやめましょう。後ろ向きな理由を隠すことでうまく説明ができずに採用担当者に見抜かれてしまうこともあるため、隠さずにしっかりと説明することが大事です。伝え方次第では、たとえ後ろ向きな理由があったとしても、十分に魅力を伝えることができます。

また、転職回数が多い理由がいまいち分からないような経歴を担当者に伝えてしまうと、マイナスの評価をされる場合があります。たとえば、転職後に給料があがっていなかったり、スキルアップもしてなかったり、異なる業務内容の転職だったりしていると何のために転職したのかが採用側に伝わりません。転職は問題を解決するための活動のため、転職活動がうまくいっていないことはマイナス評価となることもあるので、現在はしっかりと改善していることを伝えましょう。

転職回数が多い場合でも転職を成功させるコツ

たとえ転職回数が一般的な人より多くても、それ以上の魅力をアピールできれば採用の可能性は十分にあるでしょう。では、どのような方法で成功させることができるのか紹介していきます。

職務経歴書を工夫する

働いてきた企業での経験や、応募先の求めるスキルなどをベースとして職務経歴書で魅力を伝えられるように工夫しましょう。

面接ではポイントをおさえる

転職回数が増えた要因として、他人や環境のせいにしていないことが大切です。転職の要因のひとつとしては、入社前の自己分析や会社選びで失敗している可能性もあります。そのため、入社前や入社後の状況を振り返ったうえで原因を明らかにし、面接ではしっかりと原因を伝えましょう。

実績をつくる

フリーランスとなって、いろいろな現場を経験して実績をつくるのもひとつです。正社員で働くよりも、フリーランスとして業務委託で仕事を受ける方がいろいろと実績をつくることができるでしょう。フリーランスにならなくても、正社員で働きながら副業などで経験を積むのもひとつの方法です。実績をつくれば転職に有利になるでしょう。

企業選び

スキルさえあれば転職回数を気にしないというような企業を選ぶのもひとつのコツです。とくにベンチャー企業など勢いのある会社はスキル重視が多いので、転職回数を気にすることなく転職活動ができるでしょう。また、転職活動が不安という方は、転職エージェントを利用するのもひとつです。

まとめ

ITエンジニアは転職回数が多いと不利になるかどうか説明してきました。転職回数が少ない方が多いよりも有利になる場合がありますが、多いからといって就職できないわけではありません。ITエンジニアは転職することでスキルアップができるために、採用担当者にうまく伝えることでマイナスイメージをもたれることはないでしょう。職務経歴書や面接など、ポイントをおさえることで転職を有利にすすめることも可能です。

あわせて読みたい

外国籍エンジニアにおすすめの転職エージェント7選!の画像

外国籍エンジニアにおすすめの転職エージェント7選!

日本で転職を考えている外国籍エンジニアの方必見! 当サイトでは、外国籍エンジニアにおすすめの転職エージェントを厳選して紹介しています。

おすすめの外国籍エンジニア
転職エージェント比較一覧

イメージ
サービス名G TalentMichael PageRobert WaltersComputer FuturesTalismanActive ConnectorJELLYFISH
特徴人材紹介力やサポート力にすぐれた外国籍エンジニア専門の転職エージェント外資系やグローバル企業のIT求人が多い世界大手の転職エージェント外資系・日系グローバル企業に特化しており、英語がいかせる転職エージェントIT・テクノロジー系に特化した世界規模の転職エージェント!バイリンガル人材に特化したIT業界に強い転職エージェント!世界的企業にもアサイン実績がある外国人エンジニア専門の人材紹介サービス!TV番組で紹介されるほど認知度が高いグローバルな人材紹介会社!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら