IT業界の面接でよく聞かれる質問事例を紹介!

公開日:2023/08/09

IT業界への転職を考えている方は多いでしょう。そこで気になってくるのが、IT業界の面接の特徴や聞かれる質問です。スムーズに応えられるように、事前に考えておきたいものでしょう。そこでこの記事では、IT業界の面接でよく聞かれる質問事例を紹介します。逆質問についても解説するので、ぜひじっくり読んでみてください。

IT業界に転職する前に

まずはIT業界に転職する前に考えておくべきことや知っておくべきことをご紹介します。

なぜIT業界なのか?

さまざまな業界があるなかで、なぜIT業界を選ぶのかを明確にしておく必要があります。まずは業界研究を行い、IT業界について深い見識を獲得する必要があるでしょう。そのうえで、自身がなぜIT業界を選ぶのか、なぜIT業界で働きたいと思っているのかを明確に伝えられるよう自己分析する必要もあります。

最新のトレンドも知っておく必要あり

IT業界はとくに新しいものが次々と出てきており、変化が激しいことでも知られています。したがってトレンドに鈍感であると、IT業界の流れについていけず、働きにくくなることも考えられるのです。

最新トレンドに対する意見を求められることもあるので、定期的にIT系のニュースサイトをチェックしておきましょう。ほかにもWEB系企業やエンジニアのブログをチェックしたり、オンライン勉強会に参加したりするのもおすすめです。

経験を求められる

どの業界でも同じですが、IT業界でもその業界における一定の経験が求められます。「未経験OK」としているケースもありますが、転職の場合は中途採用であり即戦力を求められることがほとんどです。これまでにIT業界で働いた経験がある方なら、そちらを積極的にアピールしましょう。

IT企業も面接のときに聞かれる質問

では、実際にIT業界の面接ではどのようなことを聞かれるのかを解説していきます。

なぜ自社を選んだのか?

志望動機は基本的に聞かれます。数あるIT企業の中で、なぜその企業を選んだのかを明確に答えられるようにしておきましょう。企業の公式ページを確認するのはもちろん、どのようなサービスを提供しているのかを確かめ、できるのであれば体験してみるのもよいでしょう。

これまでの経験

これまでどのような経験をしてきたのか尋ねられます。新卒者であれば、仕事以外の経験などを伝えましょう。転職者であれば、これまでの仕事の実績などを伝えるのがおすすめです。もちろん、単に経験を伝えるだけではなく、その経験がどのようにして自分の強みになったのかを話しましょう。

なぜIT業界を志望するのか?

単にIT業界に興味があるから、注目されている業界だからというのはNGです。自分の生活で役立っているIT技術を絡めるなど、もう少し具体的に回答するのがよいでしょう。

ITに関して勉強している?

IT業界は日々変化しており、その変化に対応するために自分で勉強する必要があります。したがって、意欲的な部分も採用項目に入ってくるのです。

何をどのように学んでいるのかを具体的に説明し、仕事に対する熱意をアピールしてください。オンライン学習ツールや書籍で勉強するのもよいですし、実際にホームページ作成に取り組んでいるなど伝えるのも効果的です。

長所や短所は?

IT業界の面接でもよく聞かれるのが、長所および短所です。こちらの質問では、自己分析ができているかを確かめる目的で行われるもので、過去のエピソードを交えて伝えるのが効果的とされています。短所についても包み隠さずに伝えましょう。自己分析がしっかりできているかを確かめる質問なので、マイナス面があったとしてもとくに問題はありません。

ちなみにおすすめしたいのが、長所と短所に一貫性をもたせるところです。そもそも長所といえるところは短所にもなり、短所と思われるところが長所になることもあるのです。たとえば責任感が強いのは長所ですが、いいかえると心配性になり短所にもなります。冷静というのは長所ですが、見ようによってはマイペースと取られることもあります。このように長所と短所は見かたによる部分があるので、そういったところで一貫性をもたせると面接官によい印象を残せるはずです。

逆質問するならどんな質問をすればよいのか

面接の終盤に「なにか質問はありますか?」と聞かれることもあります。その際に逆に質問することを「逆質問」というのです。

逆質問はすべきか?

逆質問は必ずしましょう。質問しないことで、意欲がない人物と判断される恐れがあるからです。

どのような逆質問がよいのか

意欲がある人物をアピールする必要があるため、「今後の事業展開は?」や「貴社の強みは?」など質問してみるとよいでしょう。「経験やスキルで足りないものがあれば教えてください」といった質問も効果的です。

まとめ

IT業界の面接でよく聞かれる質問事例を紹介しました。なぜIT業界なのか、なぜ自社を選ぶのかといった質問がされる可能性が高いため、スムーズに応えられるように考えておきましょう。またIT業界に関する学習や長所および短所についても聞かれることが多いため、応えられるようにしておくのもおすすめです。面接終盤に行われることの多い逆質問についても掲載したので、そちらも参考にしてください。

あわせて読みたい

外国籍エンジニアにおすすめの転職エージェント7選!の画像

外国籍エンジニアにおすすめの転職エージェント7選!

日本で転職を考えている外国籍エンジニアの方必見! 当サイトでは、外国籍エンジニアにおすすめの転職エージェントを厳選して紹介しています。

おすすめの外国籍エンジニア
転職エージェント比較一覧

イメージ
サービス名G TalentMichael PageRobert WaltersComputer FuturesTalismanActive ConnectorJELLYFISH
特徴人材紹介力やサポート力にすぐれた外国籍エンジニア専門の転職エージェント外資系やグローバル企業のIT求人が多い世界大手の転職エージェント外資系・日系グローバル企業に特化しており、英語がいかせる転職エージェントIT・テクノロジー系に特化した世界規模の転職エージェント!バイリンガル人材に特化したIT業界に強い転職エージェント!世界的企業にもアサイン実績がある外国人エンジニア専門の人材紹介サービス!TV番組で紹介されるほど認知度が高いグローバルな人材紹介会社!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら